FC2ブログ








新年のご挨拶 

遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。

3.jpg


数か月前ここ韮崎では2軒の倒産が相次ぎました。1件はスパーマーケット、もう1件は酒屋さん。どちらもこの地で養豚を始めた時お世話になったなじみの深い店だっただけにショックでした。企業の寿命は40年と言われますが、世代の交代や社会変革を見るとそうかもしれない。全てとは言いませんが、常に変化には対応していく柔軟性も必要だと感じました。

さて、我が農場と言えばその40年に今年はなります。正確に言えば、ぶぅふぅうぅ農園としては33年ですが、この地でこのようなスタイルで養豚を始めたのが40年前という事になります。新規就農などと言って国から補助金をもらって農業を始めるのとは違い、全て一からやる開拓にあこがれ、自給自足的な生活を行いながら貧乏に堪え、這い上がっていく生活を謳歌していました。裸電球1個、時々止まってしまう水道1本、そして雪が布団の上を舞う粗末な小屋1軒が当時の出発点でした。あれから40年、いろいろな人生がある中で私の歩んできた人生は?振り返ってしまいます。



農場は3つの信念で歩んできました。
1.放牧である事
2.安全な食べ物である事
3.輸入飼料を極力減らすこと
この3つは一つ一つ独立した物ではなく放牧養豚が基本になり、放牧であるが故に病気が少なく薬品類の使用が少なくて済むこと、放牧であるが故にいろいろなエコフィードを利用でき餌の国産化率を上げることが出来ました。
ところで放牧養豚と言っても多くは従来の小屋飼いした子豚を出荷前2,3か月放牧するタイプであり、当農場のような全期間放牧にこだわっているものは私の知っている限りではありません。技術的には肥育後期のみの放牧に比べ雲泥の差があり難しいです。まして抗菌剤を一切使わず育てるという事になれば狂人扱いです。ではなぜそこまでするのか?40年にして初めて答えが出ました。
「有名になりたかったから」
「褒賞が欲しかったから」


みんな「うッそで~す」
答えは「免疫」です。
生きている環境には常在菌が存在します。これらは通常であれば善玉菌も悪玉菌も菌同士がバランスを保ち悪さはしませんが、体調を崩すとバランスが崩れ病原菌が活発化します。これが病気です。一方、活発化した病原菌に対して抵抗するのが免疫です。人工的に免疫を獲得するのがワクチンであり、それ以外は自然界から獲得していきますが、多すぎると病気にかかります。病気にかからない程度にゆっくり獲得していくことが重要です。つまり整った環境の中で予防のためとはいえ抗菌剤を多用し、すべての菌を殺してしまえば免疫の獲得などありませんし耐性菌も出現します。言い換えれば子供の時の劣悪な環境が免疫を育てていくのです。そういった意味であらゆる菌が存在する放牧は重要であり、いきなりではなく小さい時から徐々に獲得していくことがすごく大事であることを学びました。豚も人間も生命は皆同じだと思います。


以上なりきり先生の嘘もある話ですが、前述の倒産ショックの一方で我が人生を納得させた出来事でした。
さて、40年にして生き残るために我が農場はどっちの方向に向かうのでしょうか?基本及び信念は曲げません。IT時代の中で売り方や意志の伝播方法は変わっていくと思います。それがどのようなスタイルになるかは分かりませんが、頭は柔らかく常に周囲を見ながら対応していきたいと思っています。
「生き残るため」と書きましたが、私利私欲ではなく皆さんが何を望んでいるかその要望と実現のため努力してゆきたいと思っています。



本年もどうぞよろしくおねがいいたします    中嶋


朝市1




朝市2
[ 2018/01/09 14:58 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)

年末年始限定セール!! 

今年も残すところ10日ほどとなってしましました。

みなさん今年1年間素敵な年になりましたでしょうか?

「すてきだったよ」「さいこー」という方も!
「ぼちぼちかな」「最悪だ」という方も!
今年最後にぶぅふぅうぅ農園の放牧豚を食べて
いい思い出をつくりませんか?(笑)

そんな方のために年末年始限定セールを行います!
IMG_20170514_140650.jpg


ロース・肩ロース商品
100g当たり50円引きセール中


「肩ロースブロック」に予想以上に注文が殺到してしまい
 年内に発送できない場合がございます。


4つ以上ご購入で
送料と同等分値引きということになる大セールです
※送料が無料になるということではございません。

本来ですと入金確認後の翌週水曜日発送ですが
12/26までにご入金いただけましたら27日に発送いたします。

※1/3の発送はお休みとなります。


普段は高くて遠慮しちゃうけどなんて方は
ぜひこの機会にお試しください!

お買い求めはネットショップまで

志村
[ 2017/12/20 18:45 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)

おっとォー!!いいものみーつけた!! 

しかし、なかなか難しい??





中嶋
[ 2017/11/24 17:09 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)

大盛況!! 



今日の韮崎市の朝は氷点下まで下がったみたいです(;゜0゜)
ここ最近本当に寒くなってきましたね・・・
みなさんも風邪などひかないよう体を冷やさないようにしてくださいね!


八ヶ岳が白く雪化粧を見せている中
11/12に「ぶぅふぅうぅ農園の感謝祭」を開催しました!

例年天気の心配をすることが多い中
今年はまったっく心配なし!好天の中開催することができました\(^o^)/

参加してくださった方は総勢約100人w(゚o゚)w大盛況でした


近年恒例となってきました
子供たちによる太鼓から感謝祭スタートIMG_20171112_143426.jpg


PB120212.jpg

しっかりと感謝祭を盛り上げてくれました!
そしてしっかりとおいしい料理も食べつくしていました・・・子供たち恐るべしΣ(´Д`lll)エエ!!


毎年恒例大人気のパエリア
PB120213.jpg






みんなで作るバームクーヘン
感謝祭には久しぶりに登場です!
PB120215.jpg


他にもたくさんおいしい料理があり
みなさん満足していただけたようです^^





忙しさのあまり今年は農場案内ツアーを忘れていました
失礼しました


志村
[ 2017/11/17 19:43 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)

イベントのお知らせ! 

10月に入り過ごしやすい季節になりましたね^^
スタッフの志村です。

秋はぶぅふぅうぅ農園が参加・主催のイベントがたくさんあります。
全部で3つお知らせがありますので
最後まで見ていただけると嬉しいです(*^_^*)


まず1つ目!
手作りウインナー講習会

10/14(土)に八王子の磯沼ミルクファームさんでぶぅふぅうぅ農園の放牧豚肉を使った
手作りウインナー講習会を開催いたします。

そのまま食べてもおいしいですが、せっかくなら自分で作ったウインナーを食べてみませんか?
きっといつもよりおいしいはずですよ?
IMG_20171006_0003.jpg



2つ目!
オーガニックフェスタやまなしで放牧豚のモモの丸焼き

今年もオーガニックフェスタやまなしに出店いたします。
いまやファンがつくほどの人気となってしまいました(*´v`)

他にも有機野菜などの販売もありますので
ぜひ足を運んでみてください!


IMG_20171006_0004.jpgIMG_20171006_0005.jpg


3つ目
ぶぅふぅうぅ農園の感謝祭

毎年恒例ぶぅふぅうぅ農園の感謝祭です。
モモの丸焼きはもちろん、BBQ、ピザ、パエリアなどなど
おなか一杯おいしいものが食べれます。

こちらも大人気で店員いっぱいの状態が予想されます。
申し訳ありませんが先着10名様とさせていただきます。


IMG_20171006_0006.jpg



以上3つのイベントがありますので
ご興味がありましたらぜひご参加くださいヽ(´∀`)ノ
[ 2017/10/06 18:40 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)

ネットショップ復活&限定商品販売のお知らせ 

スタッフの志村です^^
夏も過ぎてしまいもうすっかり秋ですね
農場は日中は暑い日もありますが、朝と夕方は涼しく
すごしやすい季節になってきました!



みなさんには大変ご迷惑をおかけいたしましたが
ようやく豚肉の数量が注文に追い付くようになってきましたので
ネットショップの数量限定を終了いたしましたヾ(o´∀`o)ノ

本当に長い期間ご迷惑をおかけいたしました。

数量や商品が限られている中でも多くの常連様には継続してご購入いただき
大変うれしく思うとともに申し訳なく思っておりました。


せめてもの償いといたしまして
限定商品として特別にベーコンを作りましたので販売いたします
P9110194.jpg

ネットショップ




数量限定ですのでなくなり次第終了となります。
すべてのお客様にお届けできず申し訳ありません。

興味のあるかたはお早めに^^
[ 2017/09/13 18:14 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)

ずるい!! 

スタッフの志村です。

暑い日が続いていますね・・・
みなさん熱中症にはくれぐれも気を付けてください(;゜0゜)


そんな暑い中ですがドラム缶を利用して
仔豚用の餌箱を作りました!

溶接で枠をつけたりして作るんですがこれが暑い中だと意外と大変!
溶接の熱と太陽の熱のダブル攻撃・・・。この前は顔を近づけすぎて溶接で日焼け??しました(笑)
日陰を求めて移動しながら作業してます。


そして完成した餌箱ですが問題点が・・・↓




IMG_20170520_091344.jpg


わかりますか?
もう少し近づいてみます・・・








IMG_20170520_091418.jpg

こらこら(笑)
見つけた時に思わず笑ってしまいました。


やはり手作りのものはいくつか作って
完成度を上げていく必要があるようです。
それが手作りの醍醐味だと思ってます(*^_^*)




やはり豚にもずるがしこいのとそうでないのがいる気がします。
これならば他の豚が争っているのをしり目に餌を独占状態!
IMG_20170520_091444.jpg



PS:ネットショップは数量限定が続いておりますが
   徐々に豚のサイズや頭数を見ながら回復させていこうと思っております。
   ご迷惑をおかけいたしますがもうしばらく完全回復までお待ちください。
[ 2017/08/10 18:04 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)

ネットショップ 商品数限定のお知らせ 

日頃より当農場のネットショップへの立ち寄り、またご購入に感謝いたします。
ネットショップの販売が伸びておりPCに向かって「ありがとうございます」と頭を下げる回数が増えている日々です。
改めて「ありがとうございます」


年々順調にお客さんが増えてきていたのですが、ここ数カ月前くらいから、
特にAW(アニマルウエルフェア)を訴え始めたころから購入者が増え始め、ここ3カ月間は急増しており驚いています。



私どもの農場の規模は小さく飼養頭数が限られているのと、種付けから出産を経て出荷まで10か月かかるため、出荷予定頭数は10か月前に決めなければならないのですが、その予想をはるかに超えたご注文がきてしまいました。リピーターが多く常日頃の料理にお使いいただいていることを思うと心苦しいのですが、しばらくの間(2か月ぐらい)商品数を限定させて頂きたいと思います。

ご不便をおかけしますがご理解をお願いいたします。


PC044035_convert_20131205132725.png
[ 2017/05/29 18:57 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)

「アニマルウェルフェア食品」促進のための協力金のお願い 

ヨーロッパを初め世界的な流れとなっている「アニマルウェルフェア食品」を実現するために「AWFC JAPAN」というコミュニティを立ち上げ1年が経とうとしております。




いよいよ本格的な活動に入る時期に来ており
アニマルウェルフェアに配慮されている食品を「アニマルウェルフェア食品」と位置付け、認められた商品にロゴシールを貼り付けることで「アニマルウェルフェア食品」を促進していきたいと考えています。

ロゴシール
無題 (2)





・アニマルウェルフェアとは

 5つの自由(Five Freedoms)を原則とする飼育方式のことです。5つの自由とは

①「飢えと渇きからの自由」(健康と活力のために必要な新鮮な水と飼料の給与)
②「不快からの自由」(畜舎や快適な休息場などの適切な飼育環境の整備)
③「痛み、傷、病気からの自由」(予防あるいは救急診察および救急処置)
④「正常行動発現の自由」(十分な空間、適切な施設、同種の仲間の存在)
⑤「恐怖や悲しみからの自由」(心理的な苦しみを避ける飼育環境の確保および適切な待遇)

以上の5つの項目において家畜が配慮され
ストレスから自由で、行動要求が満たされた健康的な生活ができる状態にあるとともに、
それによって人 も家畜 から癒しを受けるなど、家畜と人が相互に満ち足りた生活を与え合っている状態と定義されます。






私たちぶぅふぅうぅ農園でもお肉1商品ごとにロゴシールを貼ることになりました。
シールが貼られている1商品につき2円の御協力金を商品に添加し、購入者にご負担を頂いております。

アニマルウェルフェア食品の普及・啓発のためご協力をよろしくお願いいたします。

またAWFC JAPANでは個人会員も随時募集しています。
興味のある方はご連絡ください。
HP:http://awfc.jp/
[ 2017/05/29 16:34 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)

鶏の放牧場!! 

久々の投稿となってしましました^^;
スタッフの志村です。


これまでは平飼いだった鶏たちに
放牧場を設けることにしました!

かといって新しく材料を買ってきてきれいなものをつくるのではなく
本来ならゴミになってしまうものを再利用し、あれこれ工夫してつくるのが
ぶぅふぅうぅ農園流。

手間はかかるし時間もかかる・・・
けれどもこれはこれで楽しみながらやってます(*^_^*)


今回再利用したのは3年前の大雪で潰れたハウスのパイプ
被害
↑ものの見事にひっしゃげてます









このパイプを時には叩いて・・・
IMG_20170214_115415.jpg










時には捻じ曲げて・・・IMG_20170214_115159.jpg






少しずつ形を整え放牧場の骨組みにしていきます
IMG_20170214_114315.jpg







すじかいを入れて動かないように固定したら骨組みは完成
IMG_20170216_083030.jpg







あとはネットを回して鶏を外に出してあげれば放牧場の完成\(^o^)/
IMG_20170222_141531.jpg
IMG_20170514_140650.jpg
↑番犬ならぬ番豚??たちも興味津々で集まってきました(笑)




これが思った以上に手がかかりました。
なにせ変な方向に曲がった材料ばかり・・・
使えるようにするだけでも大変。

さらに鶏小屋は後から放牧場をつけることを前提に立てたわけじゃないので
どのように固定するかでまた悩み・・・

それでもゴミになってしまうものから
ちゃんと放牧場ができました!!



3棟あるうちの1棟なので
残り2棟を順次つくっていく予定です!









~後日談~
放牧場をつくってからしばらくたったある日、お昼過ぎに様子を見に行くと
放牧場に出ずに小屋の中で鶏たちが固まっている・・・
裏に回ってみるととんでもない拾いものをしてしましました





IMG_20170422_162712.jpg
↑鋭い爪が怖くてビビり、変なもち方してます。


どうやら怪我をして飛べなくなったところをカラスに襲われていたようです
翌日、鳥獣保護センターに引き取っていただきました
そしたらなんとハヤブサの子供でした!
まさかの希少種・・・ここ数年山梨県内で保護されることが増えてるそうです

元気になって野生復帰してくれるといいのですが
IMG_20170423_125242.jpg
[ 2017/05/14 18:39 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)
あなたは人目のお客さんです!




★このページはリンクフリーです。バナーはページ左上のロゴマークをご使用ください!★