スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2008年 「家畜保健所だより」への投稿記事より 

[時の流れ」

 現在のようにきちんとした公図も無く隣地との境界も定かでなかった時代、せこい農民は一生かかって一転び分農地を広げるという話を聞いたことがある。境界が石であれば少しずつ移動し、桑畑なら挿し木がしやすいことを利用し伸びた枝を隣地に差し込み根付かせるという事だ。風景もいきなり変わると気が付くものだが、何年もかかって徐々に変わったものはなかなか気づかない。
 農場も私が他所から来て借地で畜産を始めてちょうど30年になる。「順風満帆30年」「苦節30年」「よくぞここまで30年」いやいやそんな事を書くつもりは毛頭ない。農場は放牧養豚のため土地は広く、おまけに主の人間性も手伝って雑草と木々の中に埋もれるような状態の中にある。整然とは対照的なよく言えばより自然的な、悪く言えば雑然としている。
 30年前、資金は無いが若さの特権である夢と意気込みで始めた農場は、雑草が生い茂る荒地の開拓から始まった。施設を作るのも豚を飼うのもゼロからの出発であるから、ともかく建物が建てばよかったし、豚が飼えれば良かった。まして水路など考えも及ばなかった。傾斜地にある農場は豚が土を掘り返す事により常に水流の方向が変わってしまう。最悪は施設の周りを豚が掘り返すことにより常に水が流れ込み、やがて沼になり、一転大雨になれば泥が流れ出し気づけば掘った張本人である豚もあまりの穴の深さに施設の中に戻れず大騒ぎする始末。「お前の責任だろ」と怒鳴りながらこちらも泥だらけになりながらの救出。やれやれと思って建物を見れば「こんなに段差があったけ?」。またある時は水洗のトイレの水が逆流してきてしまった。「誰だ!変なもん流したのは」。この浄化槽はまだ農場建設を始めたころスコップとツルハシで作った浸透式の合併浄化槽であり、素人が作ったにしては、何事も無く何十年も過ごしてきた。原因は2メートルもの深さがある浄化槽がある時から泥水が入るようになり泥で埋め尽くされていたのだった。後始末?ご想像に。武田信玄の治水事業は有名であるが、そのお膝元でのこの体たらくはなんとも情けない。(ちょっと大げさ)
 水だけでない。樹木も毎日に生長が目に見えないだけに気がつけばびっくりする事が多々ある。「おや、こんなところに枝が」で始まり、気がつけば2,30センチメートルの大木になっている。何事も無ければ鳥さん虫さんのために「よかった」で済むが、建物の横にあると屋根を壊したり土台にひびが入ったりと結構悪さをする。時には2階からの野良猫の侵入にも一役買う。(木に言わせれば濡れ衣だが)また今年の冬には隣地からの要望で放牧場に生えている4,50年になるクヌギを切り倒した。小さな木ならチェーンソウでいつも切っているが、15メートルにも及ぶ木を切り倒すのははじめてである。倒れる方向の心配とあまりの迫力に1本切り倒すごとにすごい疲れを感じる。中でも二股のなった直径50センチメートルぐらいの枝を、もう片方の枝に乗って切ったときは、枝が倒れるときの緊張と振動で一日分の仕事を終えたような疲労感でしばらくは木の上で呆然と立ち尽くしてしまった。時の流れを感じる出来事である。
 今世界中の懸案事項になっている環境問題も、目に見えない中で進行した結果である。化石燃料の消費、二酸化炭素の排出、とうもろこしを原料とするバイオ燃料導入による食糧不足、世界はこれからどうなってゆくのだろうか心配であるが、放牧場の大きな木を切ったときにふと思ったことがある。我が家はまきを使ったストーブで暖を取っているが、この木が3,4本あると一冬足りてしまうのである。これはお金で冬場の灯油や電気を買っている人には全くもってわからない感覚であると思うと同時に、循環的な生活の一つとして里山を大切にした昔の生活様式を思わずにはいられなかった。建設資材としての熱帯雨林の伐採、バイオ燃料のための森林開発等人間の欲望の浅はかさを考えさせられてしまった。
 「足ることを知る」
 全ての生き物に、合掌!  

[ 2010/05/23 10:36 ] 農園主のブ~タレ | TB(0) | CM(0)

★このページに関して公開されても良い簡単な質問などありましたらお答えします!★
(コメントとして記事の下の方に表示されますので、表示されては困る内容でしたら左のお問い合わせフォームより送信してください。)














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boohoowoofarm.blog50.fc2.com/tb.php/47-55032eb8


あなたは人目のお客さんです!




★このページはリンクフリーです。バナーはページ左上のロゴマークをご使用ください!★




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。