たべ研新聞 12月号 

たべ研新聞12月号にぶぅふぅうぅ農園が掲載されました!

<今回のテーマ>
― 雨の感謝祭 ―

ぜひご覧ください。→たべ研新聞 12月号

2015年あけましてめでとうございます 

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。(たまにはちょっとまじめに!)

2015年のはじまりですかー。月日のたつのはほんとに早いものですね。
おっと!ぶぅふぅうぅ農園設立30周年ではないですか!(放牧養豚歴は37年になるのですが)節目ですね。これは何かやらないと・・・。
記念パーティー?大々的セール?う~む、農場の雲行きも怪しいし、周りは年金生活に入っているし、ここは一つ農場をたたんで楽しますか。そしたらあんなことしてこんなことして“ウワァ~夢がいっぱいだー。”

現実に戻りま~す。
人生80年時代。この先どうやって食べて行くの?いや、これは切実な問題だけど、ともかく体の動くうちは汗水たらして働くとして、最近気になる話題があります。

企業の農業参入です。一つはトマトやサラダ系に多い水耕栽培。人間が計算した肥料と人工太陽で生み出した作物はそりゃーうたい文句のように無農薬でしょうよ。しかし姿、形は同じでも生命としての中身はちがうでしょう?新しい作物と思えば「納得!」
もう一つ、農場で預かっていたミニ豚を手狭になったため友人に譲ることになりました。ところが2,3日後「飼えない」との返事がきました。なんでも、企業経営の農場が豚舎の隣にあり。農薬の散布量が半端ではなく生き物を飼うには不適格だということでした。
またあるところでは農業参入した一年目の生産物は虫食いだらけでしたが、」翌年店頭に並んだものは、それはそれはきれいなものでした。近くで有機農業をやっている友曰く「農薬バンバンで怖くて食べられねェー」とのことでした。結果オーライならなんでもOKという姿勢がなんとなく見えてきた出来事でした。
さて農場の豚は栄養計算した餌をコンクリートの上で与えてできた豚と違い、太陽もあれば土もある場所で抗生物質を全く使わずに育っています。見た目は同じでも中身は全く違った豚です。新しい豚と思えば「納得!」
自社工場や契約農場をうたい文句に生産の拡大を目指す企業。一方販売ではコンビニ全盛時代。そのたどり着く先は・・・。わかりません?
ただ、企業が限りなく工場生産に近い形で利潤を追い求める農業形態に対して、「本当の農産物ってちょっと違うんじゃない」といえるマニュファクチャー的農業も必要であり、それはひいては環境負荷の少ない循環農業につながると思っています。
30年という節目にして目指すはアンチテーゼ的役割を果たす農場であり、若い人が引き継いでくれる農場でありたいと思っています。
さて、何から手を付けましょうか?あんなことして、こんなことして“ウワァ~夢がいっぱいだー”
[ 2015/01/07 20:23 ] 農園主のブ~タレ | TB(0) | CM(0)

野菜たくさん食べれちゃうしゃぶしゃぶ鍋 

この年末年始、父の還暦祝いもあり、ごちそうを食べすぎたスタッフ19です。。。
ようやく帰省先から帰宅し一息をついたところ、ご飯をつくる気力もなかったため
簡単で美味しくて野菜もたっぷり食べれちゃうしゃぶしゃぶ鍋にしちゃいました。

IMG_6903.jpg

お肉の味が一番よく分かるしゃぶしゃぶ南アルプス放牧豚肉の美味しさが引き立ちます♪
結局食べすぎてしまいました(笑)

詳しい(←??)作り方こちらをクリック↓
Cpicon 野菜たくさん食べれちゃうしゃぶしゃぶ鍋 by ぶぅふぅうぅ農園

美味しいももしゃぶのご注文はこちらをクリック↓
ぶぅふぅうぅ農園から豚肉を直送します!
[ 2015/01/04 09:00 ] 放牧豚レシピ | TB(0) | CM(0)
あなたは人目のお客さんです!




★このページはリンクフリーです。バナーはページ左上のロゴマークをご使用ください!★