わが農場のフィットネスクラブ 

 「地球温暖化」「環境破壊」今や避けては通れない深刻な問題となっておりますが、自らに問うた時「加害者」になっていない人など皆無であろうと思われます。言い切れるとしたら完璧な自給自足生活を送っている人ぐらいではないでしょうか。欲の皮を剥いでゆくと生きるための必要量は意外と少ない事に驚かされます。財という欲にあこがれるも夢のままで終わっている農場生活の一端を紹介しましょう。

 今現在、農場では65~70%の国産飼料を使っており、そのほとんどが米粉、ぬか、ビーフン、おからなどエコフィード(食品リサイクル)です。その中の一つに昨年から使うようになったパン工場から出るパンの耳があります。餌としてはそのまま与えるのが一番効率のいい方法ですが、1回の運搬量が多いため保存を考えねばならず、その方法として乾燥粉砕をしています。当時、設備を整え一気に仕上げる方法も考えましたが、化石燃料を使っての乾燥ではエコのために反エコを行う事になり矛盾してしまいます。(実は今謳われているエコの中には程度の差こそあれこの矛盾を抱えているものが多数ある)検討の結果大自然のエネルギーを利用しての「天日乾燥」を選択し、ハウスの中に乾されたパンは冬場なら3,4日でパリパリになるのでそれをまず車で踏み潰し、次に粉砕機にかけ輸入トウモロコシの代わりとなるパン粉が出来上がり餌に混ぜます。

 ところで興味を持ってみると、「天日乾燥」を保存食品として活用している食品の多さに驚かされます。そしてまたスピードと効率が求められる現代から見ればあまりにも超零細、アナログ的ですが、人間にとって本来の生き方のようでなりません。パン屋さんでの引き取りは、工場の中はハイテクを駆使した流れ作業でしょうが、ひとたび製品製造過程から外れたものはごみであり何の設備もないので、ただひたすら集積されたパンの山の中にもぐってかごにつめ、運び出し、トラックに手で積みます。われわれ田舎のフィットネスクラブではこれを「マッチョコース」とよび、次に運んで帰ってきたらハウスの中に広げますが、寒い冬はともかく暑い夏場は地獄の作業となります。これは「ダイエットコース」。お金を払ってご大層な設備を整えたフィットネスクラブに通う都会人がかわいそうに見えます。ギャル言葉で言えば「なんかおかしくねェー」お天道さんと一緒に生きる生き方は大変だろうけど、判りやすいシンプルな生活やゆっくりとした時間の流れは興味深くあこがれるものがあります。

 話は変わりますが、パンを引き取る事となった最初の頃は、あまりの多さに処理しきれず生でそのまま母豚に与えていました。初めの頃はよかったのですが、3,4ヶ月も経るとお産した子豚が虚弱でほとんど死んでしまいました。新しい病気が農場に侵入したのではと疑いを持ち病勢鑑定にもだしましたが、結果は問題なし。ようやくたどり着いた結論はパンのやりすぎによる母豚のメタボでした。情けない!太りすぎには注意をしましょう。
[ 2009/11/16 12:34 ] 農園主のブ~タレ | TB(0) | CM(0)

ぶぅふぅうぅギャラリー 


雪が積もった日の放牧場。元気な子は裸でも寒くなさそう!


IMG_12891.jpg
ブタ目線で近づくと…。


IMG_03481.jpg
ご飯が来たぞ!特等席はオイラのもの!


IMG_01121.jpg
一番山側にある第8林間放牧場の風景。夏は木陰で涼しんで、秋には落葉とドングリをたくさん食べられます。
[ 2009/11/08 13:19 ] ぶぅふぅうぅギャラリー | TB(0) | CM(0)

所在地 

 
 ぶぅふぅうぅ農園は山梨県北西部の韮崎市にあります。農場は西に南アルプス、北に八ヶ岳、東に甲府盆地と富士山を見渡せる南面傾斜の小高い丘の上にあります。標高は400m、年間降水量は約1100mmと少なく、年平均気温は12.5度で寒暖の差が厳しく、季節風が強い内陸的気候で日照量が多く乾燥した場所にあります。
 人もうらやむ贅沢な環境で豚達は育っています。
[ 2009/11/08 12:46 ] 所在地 | TB(-) | CM(-)

リンク 

★ぶぅふぅうぅ農園の豚肉を扱う消費者団体★


共同購入会「生活舎」
 東京都八王子市を中心に日野・昭島・立川・国立・多摩・町田等の地域に約1000名以上の会員が加入していて、活動の実績は27年になります。
 本当によいものを作りたい生産者と、良いものがほしい消費者が直接手を結び、安全で良質な自然のものを暮らしに取り戻そうと生まれたのが「共同購入会生活舎」です。
 農園の見学や農業体験、四季のイベントなどを通じて、お互いの顔が見える信頼関係を培ってきた生産者による、無農薬・低農薬の野菜、果物、米や放牧豚の肉や鶏卵、ノンホモ低温殺菌牛乳、伊東の朝漁れ鮮魚などをはじめ、多数の無添加加工食品や粉石けんなどを配送しています。
 活動エリアは、八王子、日野、23区西部、昭島、立川、国立、多摩、相模原、城山、町田、国分寺、府中、小平、小金井、保谷、田無、武蔵野、三鷹、東久留米、福生、あきる野、羽村、瑞穂、青梅とその周辺地域。


やさい畑
  地元八王子市近郊の生産者が朝摘んだ無・低農薬、有機栽培の野菜を、その日のうちにお届ける個人宅配システムです。野菜セットのほかにも朝水揚げされた鮮魚、ぶぅふぅうぅ農園の放牧豚、ヨーグルトなども購入できます。 共同購入会・生活舎との連携により、四季それぞれの野菜や、 米、しいたけ、ブルーベリー、ヨーグルト、リンゴといった、都内の他の地域では生産されていない産物のほか、あらゆる種類の安全な食べ物が配達されます。


三多摩たべもの研究会/有限会社 たべ研
 三多摩たべもの研究会は1976年に東京都三多摩地区に住む消費者と生産者を中心に設立された共同購入会です。
 お米・野菜をはじめ、味噌・醤油・納豆・豆腐・肉・牛乳・卵・果物・お菓子・石鹸・雑貨等、すべて人々の健康と自然環境保全を願う生産者によってつくられています。BSE、残留農薬、遺伝子組み換え作物等によって食品の安全性が脅かされているいま、「身土不二」・「地産地消」の原点に立ち返り活動されています。

 
cocohana -心花― 
 東京都世田谷区桜新町にお店を構えるスーパーマーケット、心花(ここはな)は、20年前から、沖縄で有機栽培に取り組む、生産者団体「真南風」直営のお店です。「安全・安心・美味しい」にこだわり、沖縄を含む西日本を中心とした野菜、果物、肉、魚、食品などを取り揃えています。


れんげ畑
 れんげ畑は、1981年、静岡市内の主婦たちが、有機農業の生産者と出会ったのがはじまり。以来25年新鮮な旬の野菜や果物、低温殺菌牛乳、天然酵母パン、無添加の加工品などをグループ購入、個人宅配でお届けしています。
 現在、取扱品目は約3000。できる限り農薬、化学肥料、食品添加物は使用しないことをめざしています。これらの栽培状況、原材料、製造工程の一つ一つを確認し、会員の方にお知らせしています。
 生産者訪問、お料理教室、食味会などの企画なども行っています。


陣正
当店では、今の時代に即した、どなたからも好まれる味付けを目指し地道に研究してまいりました。清里の地にて「伝統の味 清里豚丼」としてご提供いたします。
豚肉は、地元山梨県内の日本アルプスの麓にて自由に歩きまわれる放牧にて育てられたこだわりの放牧豚を厳選。大切に育てたあげた生産者の熱い気持ちを受け止め、丹精こめてご提供いたします。 


★ぶぅふぅうぅ農園に協力して頂いている皆さん★


SWEET HEART~動物の命の大切さを考える部~
 動物福祉の普及を現在起こっている動物問題を解決する鍵として、動物の生活環境を改善し、人と動物がより良く共存していけるように活動している、帝京科学大学アニマルサイエンス学科の皆さんのページです。
 最近ぶぅふぅうぅ農園にもよく来ています。


katsu_logo.gif活木工舎~無垢のオーダー家具とオリジナル手作り家具工房~
 南アルプス北部の山々に面した北杜市明野町の森の中にある工房。シンプルさや使いやすさを大切にして「スゥーッとその室内空間に溶け込む、主張しすぎない家具」を造っていらっしゃいます。
 人にもやさしい木材が使われているため、活木工舎から頂いたおが屑を部屋に入れてやると豚さんたちも大喜びです。
[ 2009/11/08 12:45 ] リンク | TB(0) | CM(0)

はじめに 

「豚を放牧する?」
「肉は硬くなるし、餌は無駄になるし、まあ・・・だな」

そんなつめた~いプロの視線を背後に浴びながら、食の安全を旗印に夢と理想を掲げて全国から集まった熱い思いの若者が、無知蒙昧何のその、猪突猛進の中1977年今の農場の前身となる共同農場を立ち上げ、8年後の1985年分離独立ぶぅふぅうぅ農園は誕生しました。
 
 教科書片手に始まった無手勝流素人養豚は成功あり失敗ありの連続でしたが、この40年間の中で生後10日目から出荷まで全期間放牧や、出産から出荷まで抗菌剤投薬ゼロなど日本では例を見ない養豚技術を確立、エコフィードを使った餌の国産化率80%を達成するなど輸入飼料に頼らない畜産にも力を入れています。日本の貧困な農業政策の下ではわずか母豚20頭という小さな規模での経営は難しく加工、販売まで加えた6次産業を行うことで活路を見出しています。
また食の安全はもとより環境問題、循環農業、アニマルウェルフェア(動物福祉)にも視点を置き、人、動物、自然との共存を目指しています。

ぶぅふぅうぅ農園代表
中嶋千里
[ 2009/11/08 12:44 ] はじめに | TB(0) | CM(0)

飼料について 

飼料は自家配合。
トウモロコシや大豆粕などは非遺伝子組み換え製品。それに近隣から集めた米粉やパンくず、ビーフン、おからチーズ等をステージごとに配合割合を変えて通常は不断給餌でやっています。
 
離乳後の育成期は消化をよくするためおからを加えた発酵餌をやっています。
 
エコフィードは原料が確認できるものを使うようにしています。


去年偶然パンくずが入手可能になり餌の国産化率も一気に上がり65%に達しました。
 
生パンを餌にするまでは想像以上に大変。最終的にパン粉状態で配合したかったので如何に乾燥させるか、粉砕するかを検討しました。化石燃料は楽だけれど使わないと言う事で、日本一日照時間が長い地域と言う特性を生かした天日乾燥をする事になりました。
現在では無添加のナチュラルチーズも手に入り国産化率80~85%を達成しています。



 
 
 生後35日もすればごらんのとおり。お母さんのオッパイもマンネリ化してきたし
 
「おいしいものみ~つけた。」

[ 2009/11/08 12:44 ] 飼料について | TB(0) | CM(0)

長期哺乳について 

 45日哺乳は非常に長いですが、1986年のチェルノブイリ原発の事故により、汚染された脱脂粉乳が餌の中に使われたのをきっかけに、「なぜ人口乳を使ってまで効率を上げるのか」疑問を持ちました。
 
 以来離乳と餌との関係について悩み、時には毒素型の大腸菌症で一夜にして多くの子豚を死なせるなど試行錯誤の結果、餌となる穀類の消化能力は最低45日必要と言う結論に達しました。

 その一方で母豚の回転率という観点では贅沢な方法になってしまい、時には哺乳中の40日目ごろに発情が来てしまう事もあり、尚いっそう回転率は延びてしまっているという現状があります。
 
 また、出産頭数が多い場合には子豚が大きくなるにしたがって成長の格差が大きくなり、満足に乳が飲めない子豚が現れてきます。解決方法として生後30日以降は狭い分娩枠の使用をやめて、親子一緒に放牧できる施設に移します。
[ 2009/11/08 12:43 ] 長期哺乳について | TB(0) | CM(0)

分娩から離乳まで(2) 

chokihonyu3.jpg 
 
 
 生後30日を過ぎると外では悪さの連続であり、分娩舎内ではストールがあるためせまぜましく、乳の呑めない豚や挟まれ圧死する豚も出てきてしまいます。要領のいい豚は隣のおばさんのオッパイも占領してしまい、てんやわんやの大騒動になってしまいます。
 
bunben3.jpg
 
  
 
その解決策で出来たのが、通称「保育園」。広々したところでの母子放牧は和やかな風景を作っています。
[ 2009/11/08 12:43 ] 分娩から離乳まで(2) | TB(0) | CM(0)

分娩から離乳まで(1) 

 お産が近づくと分娩舎に収容されます。産まれてきた子豚を踏みつけないように分娩柵を設けてありますが、朝夕の食事の後運動場に出るためと子豚が自由に外へ出られるように地面と同じ高さにしてあります。
 
 ほ乳期間は人口乳を使わないため45日以上。効率は悪いけど自然が一番。母乳が一番。
 放牧で鍛えられた母ちゃんの体力は衰えを知りません。


 母豚は朝夕の給餌後一旦専用の放牧場へ出して糞尿を兼ねた運動をさせます。哺乳期間中の子豚は分娩枠内と外を自由に出入りできるようにしてあり、生後10日もすれば分娩舎を中心にどんどん行動範囲が広がっていきます。母ちゃんと一緒の散歩はほほえましいけど、兄弟群れを成しての闊歩は畑を荒らしたり家に不法侵入したりと悪さの連続。通称「ギャング」と呼んでいます。
 
「旨い肉を作るために我慢はするが,いまにみていろよー」
[ 2009/11/08 12:42 ] 分娩から離乳まで(1) | TB(0) | CM(0)

育成期 

 離乳した子豚は体が弱いため完全放牧とはいかず、運動場つきの育成舎へ移動します。20頭1群の部屋が3室あり、ここで約2ヶ月間過ごします。入れ始めは体が小さいので脱柵に注意が必要。また雨が多く外が泥んこだと室内への泥の持込が多くこれをかき出すのは大変な作業。もっとも彼らにとって泥んこ遊びは至上の喜びなのだろうけど・・・。
 
「うわ~俺の長靴がはまったぁ!」


 
 
  豚が「かわいい」と言っているのはこの頃まで。次第に大きくなり力がつけば、左に右に動かしたくても、もうこちらの思い通りにはいかなくなる。
 
「おい!おまえら!勘違いするなよ。人間には知恵があるのだ。そう簡単にお前らの思うとおりにさせるものか」

ikusei3.jpg



とはいえ、冬は結構平和ですね…


[ 2009/11/08 12:42 ] 育成期 | TB(0) | CM(0)

加工と流通 

 屠場にて屠畜された豚肉は枝肉の状態で持ち帰ります。脱骨、整形、パック詰め後冷凍保存されます。冷凍保存は豚出荷のばらつきを均一にするための役割も果たしています。
 
kakoryutsu2.jpg
 
kakoryutsu3.jpg
 環境にも配慮し、紙トレーやポリエチレンフィルムなどを使っています。
 
 出荷先は主に東京、京都、静岡などの消費者グループですが、地元配達や全国宅配なども扱っています。

[ 2009/11/08 12:41 ] 加工と流通 | TB(0) | CM(0)

肥育期 

 肥育期の豚のための放牧場は4区画あり、1区画2000㎡を2分割し、1年交代で片方を使い、もう片方を休ませます。1区画に20頭ぐらいを入れて年に3回の肥育を行います。放牧場には簡易なコロニー豚舎が置かれ、豚は自由に寝起きをして放牧場で過ごします。放牧場の片隅には給水器、給餌器があり、周りを電気柵で囲っています。放牧開始後2週間は放牧場に慣れるかどうか、病豚が出ていないか細かい観察が必要です。。
  この時期に脱柵されたら大変。ある時、出荷しようとしたら狐につままれたように1頭もいなかったことがありました。こんなときは西部劇に出てくるインデアンよろしく足跡で行った方向を定めます。「10分前北の方角へ行った」「10分前~。???」・・・・か・い・け・つー。それにしても1日1回の電柵の点検は必要です。

 約3ヶ月過ごすと110kgぐらいになり出荷となります。
 出荷は豚との知恵比べ。年から年中追っかけっこではたまらないので、餌場の周りに柵を設けそこから積み込むようにしてありますが、ひとたび逃げられようものならそれはそれは大変になります。豚の知能は低くありません。同じ轍は2度と踏みません。そう、学習をするのです。
 知恵がだめなら体力勝負。気の短い人間は大抵堪忍袋の緒が切れます。一人がカッカすると周りの手伝いはしらけます。それを見て余計腹が立ち怒り心頭に達します。何とか積み込みを終えても、一人振り上げたこぶしは収めようがなくただただ「ミジメ・・・」そうならないためにも慎重に、慎重に!



[ 2009/11/08 12:41 ] 肥育期 | TB(0) | CM(0)

飼養管理・繁殖母豚 

 農場は雄2頭、雌20頭の一貫経営。

 10頭を1群とし、3000㎡の土地を2分して1年ごとに交互に使う2圃式を採用し、病気や寄生虫が繁殖しないようにしています。雑草の生えた荒れ地も「ブルトンザー」にかかれば3週間ぐらいで裸となってしまい、条件の良い場所は野菜を作っています。
 「それにしても隣の野菜はうまそうだな」

 通常妊娠期間中はコロニー豚舎のある放牧場で自由気ままに過ごします。餌は朝、夕上げ膳据え膳の2回。ドリンクはウォータカップでおかわり自由。朝寝、朝湯もし放題。「これじゃあメタボになってしまうねえ」
「さて、一風呂浴びに行きましょうか」


  年2回の子育ての後はなんたって湯治にかぎります。
 「この景色にこのマイ露天風呂、贅沢だねえー」


[ 2009/11/08 12:40 ] 飼養管理・繁殖母豚 | TB(0) | CM(0)

預託方式養鶏の部 

yotaku1.jpg

 ぶぅふぅうぅ農園では平飼い養鶏による赤玉卵の生産も行われています。
 採卵鶏は初生雛の時に導入、4ヶ月ごろ鶏舎に移動し5ヶ月ごろから卵を産み始めます。
 鶏舎内は鶏たちが自由にのびのびと運動できる広さで、4方向金網張りで空気の流通が良く、陽の光を充分に取り込める造りになっています。餌はおからを使った自家配合発酵飼料を与えています。

yotaku3.jpg 初生雛からの育成は外の鶏舎で行っているため、細かい温度管理が必要で大変です。そしてもう一つ苦労するのは夏場のヘビと春先のトビです。ひとたびトビに狙われると1日に何回も来襲して脅かし、驚いた雛は隅で塊を作り下のものが窒息死してしまいます。
 蛇足ですが、ヘビを見ると捕まえたくなるのは私だけでしょうか?

 産んだ卵は地元の直売所などにも出しますが、ほとんどはオーナー制を採用しており、数に関係なく全量引き取られていきます。「これは鶏の事をもっと知ろう」と言うのが原点であり、最後は肉にしてオーナーの元へ届けられます。
[ 2009/11/08 12:40 ] 預託方式養鶏の部 | TB(0) | CM(0)
あなたは人目のお客さんです!




★このページはリンクフリーです。バナーはページ左上のロゴマークをご使用ください!★