鶏の放牧場!! 

久々の投稿となってしましました^^;
スタッフの志村です。


これまでは平飼いだった鶏たちに
放牧場を設けることにしました!

かといって新しく材料を買ってきてきれいなものをつくるのではなく
本来ならゴミになってしまうものを再利用し、あれこれ工夫してつくるのが
ぶぅふぅうぅ農園流。

手間はかかるし時間もかかる・・・
けれどもこれはこれで楽しみながらやってます(*^_^*)


今回再利用したのは3年前の大雪で潰れたハウスのパイプ
被害
↑ものの見事にひっしゃげてます









このパイプを時には叩いて・・・
IMG_20170214_115415.jpg










時には捻じ曲げて・・・IMG_20170214_115159.jpg






少しずつ形を整え放牧場の骨組みにしていきます
IMG_20170214_114315.jpg







すじかいを入れて動かないように固定したら骨組みは完成
IMG_20170216_083030.jpg







あとはネットを回して鶏を外に出してあげれば放牧場の完成\(^o^)/
IMG_20170222_141531.jpg
IMG_20170514_140650.jpg
↑番犬ならぬ番豚??たちも興味津々で集まってきました(笑)




これが思った以上に手がかかりました。
なにせ変な方向に曲がった材料ばかり・・・
使えるようにするだけでも大変。

さらに鶏小屋は後から放牧場をつけることを前提に立てたわけじゃないので
どのように固定するかでまた悩み・・・

それでもゴミになってしまうものから
ちゃんと放牧場ができました!!



3棟あるうちの1棟なので
残り2棟を順次つくっていく予定です!









~後日談~
放牧場をつくってからしばらくたったある日、お昼過ぎに様子を見に行くと
放牧場に出ずに小屋の中で鶏たちが固まっている・・・
裏に回ってみるととんでもない拾いものをしてしましました





IMG_20170422_162712.jpg
↑鋭い爪が怖くてビビり、変なもち方してます。


どうやら怪我をして飛べなくなったところをカラスに襲われていたようです
翌日、鳥獣保護センターに引き取っていただきました
そしたらなんとハヤブサの子供でした!
まさかの希少種・・・ここ数年山梨県内で保護されることが増えてるそうです

元気になって野生復帰してくれるといいのですが
IMG_20170423_125242.jpg
[ 2017/05/14 18:39 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)

「かしわ肉」入荷しました! 

当農場では採卵鶏を1年半で廃鶏にしています。
その鶏たちのお肉を「昔懐かしい かしわ肉」として販売しています(^-^)/
普通の鶏肉よりは少しだけ歯ごたえがあり
噛むほどに味が出ておいしいです!


年2回だけですので数量限定!
なくなり次第終了となります。




また今回も「昔懐かしのかしわ肉 もつ&きんかん」も取り扱っています
鶏モツ




B級グランプリで優勝した「甲州鶏もつ煮」が作れます。
なじみのない方もいらっしゃるかと思いますが
甘醤油でからめるだけで、できますのでお手軽です(´∀`*)
鶏もつ煮
↑スタッフで作って試食しました



豚肉と同じように臭みもなくとてもおいしいです!
なかでも「たまひも(卵管)」は絶品です!

ぜひ一度、お試しくださいo(^▽^)o



志村
[ 2017/03/20 12:16 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)

モモの丸焼きやります! 

直前のお知らせとなってしまいましたが
明日、甲府駅前にて放牧豚のモモの丸焼きをやります!!

今回は「さよなら原発まつり2017」というイベントに参加させていただきます。
初出店ですので詳しいことはチラシをご覧ください^^

ぜひご参加くださいW(`0`)W


IMG_20170310_0003.jpg


IMG_20170310_0004.jpg
[ 2017/03/10 17:11 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)

狩りのご指南 

農場で悠々自適に生活している猫2匹。
モジャ君とブラッキーさん

あっちではネズミを捕まえ、こっちでは小鳥を捕まえ、日々狩りに勤しんでいます。
たまにネズミを追っ駆け倉庫の中に入ったまではいいものの
入り口を閉められ「袋のネズミ」になることも・・・





今回は仔豚を引き連れ狩りのご指南










あえなく失敗(笑)
先輩の威厳を見せるつもりが
情けないところを見られたモジャ君でした

志村
[ 2017/02/07 14:02 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)

今年の主役は... 

遅くなりましたがあけましておめでとうございますヾ(・∀・)ノ
スタッフの志村です




さて今年は2017年です!
新年最初は今年の主役に登場してもらおうと思います
ではどうぞー(∩・∀・)∩ キャー









そう!今年は酉年ですね!
みんな気合入りまくりですね(笑)

今年も農園の素敵な仲間たちを
紹介していこうと思います。

今年もぶぅふぅうぅ農園をよろしくおねがいいたいたします。





以下代表から新年の挨拶です。
******************************
あけましておめでとうございます。

鶏を描いてもらったら4本足?よく聞く話です。
農場主の質問:「豚を説明してください」
A君の答え:「臭い」「うるさい」「きれい好き」「嗅覚が優れている」
農場主:「40点!」
豚の実態はみなさん知っているようで知りません。今では防疫を理由に豚も鶏も飼っている所をほとんど見ることが出来ません。
庭鶏は絵本から消えました。庭豚はぶぅふぅうぅ農園にいます。

豚も広い所で飼えば強いやつ、弱いやつ、性格の悪いやつ、人間には従順なやつなどいろいろな個性が見えてきます。狭い所では生きているか死んでいるかぐらいしか分からず物としか見えません。
そこでさらに質問:「豚の知能はどのくらいあるでしょう?」
A君の答え:「馬鹿」の次?
農場主:「犬、猫以上」という話も一説には聞きます。
農場の猫は一年半後も育ててくれた人を覚えていました。豚の知能がこんなにあったら人間を見分けているってこと?「全部見られていた?」「やばい!」とはいうものの驚くほど知能はあります。電線を破って逃げ出した豚は新鮮な緑や土に大喜び。「ヤッホー!」追い込もうとしても、人を小ばかにしたようにうまく逃げ回ります。追っかけて追っかけてお互い疲れたころ「なんだ、わかっているじゃん」と思えるほど素直に戻っていきます。「くそォー」
また、学習能力はすごく出荷の時は餌場に誘導して出来るだけ恐怖を与えないように車に積むのですが、ひとたび失敗すると危険を感じて二度と近寄りません。豚とにらめっこをして何とか再び追い込むのですが、同じところから同じように逃げようとします。ただしそこが豚の修行が足りないところ。人間はその上を行きます。「そっちがそう来るならこうだ!」 
さて、よく言われている「豚は鼻と耳がいいから目は悪い」。これは都市伝説です。目でかなり判断しています。農場にはランドレースと母豚を作るための純粋種がいますが、耳が目に覆いかぶさっているため視界は極端に狭く、移動の時など好物のパンを千切って与えてもわからないことがよくあります。敵が多い自然界で生きていくには不向きな豚のようです。
豚の事を話せばきりがありません。またブログやフェイスブックに載せる話題には事欠きませんが、これも豚が自由であるからの結果であり、アニマルウエルフェアでいうところの癒し効果だと思っています。今年も豚の飼育に、アニマルウエルフェアの普及にと忙しい年になりそうですが、皆様もぜひご協力をお願いします。


今年の主役はトリでしたね。豚ばかりトリ上げてごめんなさい!
ことしもよろしくお願いします。
2017年頭写真

******************************
[ 2017/01/07 23:34 ] 最近の出来事 | TB(0) | CM(0)
あなたは人目のお客さんです!




★このページはリンクフリーです。バナーはページ左上のロゴマークをご使用ください!★